Posts Tagged ‘老いては子にしたがえ’



老いては子にしたがえ

2005年 11月 30日

私が診ている、ある90代のおばあちゃんは、実の娘さんと一緒に暮らしています。最近、嫁ぎ先の娘さんの家で、一緒に暮らすパターンは、結構、多く見られます。

 血のつながりがある場合、口げんかも、ものすごい勢いで目の前で展開しますが、翌日には、何事もなかったかのように、朝食をともにするという展開は、やはり、嫁と姑の関係とは、若干異なるようです。

 ある日、診察を終え、娘さんがコーヒーを入れに台所に一瞬消えると、このおばあちゃあんの表情が変わりました。

「先生ね、私、ぼけてないんだよ。」と突然言い出しました。

90を超えて、確かにしっかりはしていますが、全く認知症がないわけではありません。言葉につまっていると

「私はね、ぼけたふりをしているんだよ。ここで、厄介になってからね、しばらくは、親子喧嘩ばかりでね。ある日からね、少し呆けたふりをしてみたら、娘との関係がよくなったんだよ。

老いては子に従えっていうでしょう。張り合っていたらだめなんだよね。どちらかが、一歩下がらなくちゃ。」

全く、このおばあちゃんに痴呆がないわけではないけど、この話を聞くと、今までの場面でなるほどと、思う場面があります。現に今も、娘さんが、この部屋に入ってくると、表情をまた、元に戻して楽しそうに話しています。

辞書を引くと

 

老いては子に従え

【読み】 おいてはこにしたがえ
【意味】 年をとったら、どんなことも子にまかせ、子の言うことを素直(すなお)にしたがっていけ、ということ。また、むやみに若い者に対して口を挟(はさ)むな、ということ。

これが、いいのか悪いのかは別として、家族間の関係を自己修正しているのでしょうね。

リンク: 六十歳からが人生の本番その1.

このサイトに欧米と日本の老後の意識の違いが書かれています。欧米のほうが、むしろ、環境は老人に冷たいようです。老後を人生のオマケと考える日本人に比べて、欧米では、これから楽しむんだよという人が多い、この概念の違いが、自立心を促しているのでしょうか?

数年前、先輩、友人たちとサンフランシスコの学会会場から抜け出して、スタンフォード大学に遊びに行ったとき、学生の街かと思ったら、周辺に御老人が結構住んでいて、とても、優雅に歩いているんですね。

 私が、友人たちと昼食に、芝生の上で、スーパーで買った大きなスペアリブとスシロールとスープを飲んでいると、老婦人が、自然と寄ってきて、おそらく、英語で

「あら、そのスペアリブ、とても、おいしそうね。お味はどう?」

拙い英語で

「ええ、私は日本人ですが、私の口には、とても合います。」

そうというと、スーパーの中に入ると、私が一本しか食べないスペアリブを、5本も買ってきて、私の面前で、ペロリと平らげ、その食欲に唖然としていると、

「このスペアリブには、スシロールより、この黒パンのサンドウィッチのほうが合うわよ。」

と、特大のサンドを食べ始めたときには、そう日本が、戦争に負けたのは仕方がない、物が違うのだと痛感しました。

私の夢は、あの漫画の「はじめ人間ギャートルズ」によく出てくる。あの骨付き肉と、マンモスの肉を一度、実際に食べてみたいと、子供の頃から、思っております。

mannmosu

niku