アーカイブ 2007年 7月



JAF

2007年 7月 31日

JAFJaf

社団法人日本自動車連盟

にほんじどうしゃれんめい

JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION)は、

自動車に関する様々な業務を取り扱い、

またオーナードライバーの権益を保護する社団法人である。

ここ、2週間で、JAFのお世話に二度なってしまった。Jaf_2

恥ずかしいので、一件は省略(バッテリー上がり)

函館から帰宅、駐車場に停めた車に乗ろうとすると~~~。

夜、10時、説明しにくい場所でしたが、JAFの職員の方は

颯爽と私の目の前に現れたのでした。

嬉しかったですね。

対応も丁寧で、きびきびと頭が下がりました。

夜中に往診の依頼をされるとブーたれる私とは雲泥の差ですね。

社内教育が行き届いているのでしょうね。Waga

何よりも、車を愛しているんでしょうね。

そして、もう一件、これは

私の凡ミスでは済まないのだ。

新しい「我が闘争」の開始か?


猛暑

2007年 7月 30日

昨日は、まあまあ、過ごしやすかったですが、

一昨日の猛暑は、凄まじいものでしたね。

地球の温暖化をリアルに感じる日々です。

私が小学生だった頃は、こういわれていました。

今に、地球は氷河期に入るのだと。

NHKの番組でも、赤道直下の政治家がインタビューを受け、こんなふうに話していました。

「今に氷河期に入り、我々の住むエリアは熱帯から温帯へと変わり、

今後は、我々の時代がくる。」

しかし、どうみても、現在は氷河期よりも、温暖化に暴走を開始しているようです。

もう一つ、あれは風評だったのだなと、今、思えるものがあります。

1970年代のオイルショックに便乗したものです。

後、数年で石油は枯渇するのだ。

トイレットペーパーもなくなるのだということで、庶民はスーパーに

トイレットペーパーを求めて殺到したのでした。

しかし、今、現在も石油は産出されているのです。


方言

2007年 7月 29日

茨城県守谷市は、つくばエキスプレス効果もあり、

今では、生粋な茨城県民よりも、他県からの移住組が増えています。

今日は、本町辺りはお祭りで、ちょっと知り合いのところの集まりに寄って話してみると

20人ほど、集まって、茨城県で生まれ育ったのは私を含めて二人。

もう、一人の方も、水戸からの移住。

出身地を聞いてみると、島根やら、神奈川からm東京経由して茨城に移られています。

以外だなと思ったのは、北九州市出身の方が、結構多いという話です。

人様の顔を見ても、出身県はわかりませんね。

でも、方言と言うか、言葉のイントネーションで、自分と同郷かわかると言うのです。

スーパー、ショッピングセンターの雑踏の中で、耳に入ってくる

懐かしい響き、声の主を探し出して、声をかけてみると

「BINGO!!」

やはり、出身地が本当に、2、3キロメートルの場所なのだそうです。

この方が、先日、尾瀬をハイキングしたときに、ソフトクリームを買おうと

順番待ちをしていると、やはり、懐かしい響きが、話してみると、やはりそうなのです。

故郷を離れて、30年以上だそうですが、言葉はわすれられるものではないのですね。

そして、どこかで、自分の故郷を捜し求めているのですね。