アーカイブ 2007年 4月



きゃわいく、年はとりたいものだと思う。

2007年 4月 27日

かわいく年は取りたいものだと思う。Kyawaii

何がって、性格ですね。

年を取るに連れて、その人の性格が

日に日に、現れてくると思う。

可愛い人は、より、可愛く。

小憎らしい人は、さらに小憎らしく。

失礼。

むらちゃん、今月100歳。

体中から、感謝の気持ちが溢れてくる。

最近、理想の年のとり方が、これだ。


NOT FOR SALE

2007年 4月 26日

まだ、熱っぽいね。

ブログを書くのも億劫になります。

じゃ、書かなければいいだろうと思うでしょうが、そういうわけにはいきません。

こんな時は、寄せられたコメントのコピー&ペーストで、書き上げます。

 太木カス子さんのコメント

疲れたときは、「占い」が一番! おせっかいなおばさんの登場です。(注:ハヤシさんによれば、おせっかいなおばさんというのはあちこちに生息しているそうです)

「ホームオン・クリニックつくば」(32画)……一代で大飛躍を遂げる可能性のある大幸運数。企画力に富み、小さなチャンスをモノにしていっきに頂点にかけあがります。芸能人では、明石家さんま、杉良太郎、中村雅俊、山城新伍など、世の中に出たきっかけとなったチャンスはそれぞれ小さいものだったのにもかかわらず、みごとに自分のものにして、いっきにスターダムをかけのぼったケースばかりです。旧クリニック名は、倒産を暗示する大凶数でしたので、完璧な改名です。

「ドクピラ」(11画)……1のもつ数意の強さや吉意が十分発揮され、裸一貫のスタートから人生を順風満帆に進んでいきます。しかし、1にはワンマンという数意もあり、失敗を招くこともありますので注意してください。しかし、それでも回復力は強く、失敗や不運でくじけてしまうことはありません。失敗や不運をもののみごとに、つぎなる飛躍、成功にむすびつけてしまう強運の持ち主です。できるだけ、このペンネームを、頻繁に使用されることをお薦めします。「吉名」のもつ“暗示誘導力”が、運勢を上昇させてくれます。


きょうは、お疲れのようですのでソフトにまとめてみました。
次回は、「本音でいくわよ」。

確かに、旧クリニック名の際には、何かとピンチの連続だったような気がします。

少し、安定しはじめたのは、改名のせいなのかと。

ドクピラは、自分でつけたのか、誰がつけたのか、忘れました。

HPを、作っていたときに、無意識に、気分が良いと、PIRANO

                      気分が並だと HIRANO

                      気分が悪いと BIRANO 

と無意識に署名していたのを、ある女性が気がついて指摘したことから、

ドクターPIRANOを省略して、ドクピラというネーミングを、ブログをスタートさせる際に

使用したものと記憶しています。

この名前が良いなら、名詞も、 院長 ドクピラと印刷すべきなのだろうか?

少し、気分が良くなるコメントでした。

ありがとうございました。                        

                                BIRANO


発熱

2007年 4月 25日

今年の冬は、暖冬のせいか、風邪をひかずに済んだのだが、

ここ、日曜日くらいから、微熱が続いていて、正直だるい。

ムチウチの際も、そうだが、仕事を休める人は、正直羨ましい。

在宅医療制度の方針で、患者さんが優遇されるのは、立派なことだが、

医者の状況は軽視されている。

うちのクリニックの電話を24時間、空けているのは、患者さんの命や病状に

対応するためである。

気持ちは、わかるが最近、淋しいとか、介護者の、ぼやきの電話も多い。

それに対応するのは、当然、私の仕事なのだろうが、

私が、肉体的に、精神的に、倒れないようにしていただきたい。

気持ちはわかる。

私も、この仕事を始めた当初、患者さんも、全くおらず、途方に暮れて

じつは、一人で泣いていたことがある。

他病院の院長や、友人に、なりふりかまわず、泣きの電話をいれたことも、

数回ある。

亡くなった、岩崎先生も、よく、つくばにいらっしゃると慰めてくれた。

その頃、うちのスタッフも、私が帰ってくると、よく、泣いていた。

仕事が、きつかったのかも知れないし、私の対応が悪かったのかもしれない。

今、思うと実に、申し訳ないことをしたと思う。

今更だが、止めていった、みなさんに対しても、私の落ち度もあるのだろう。

今では、忙しくて、私もスタッフも、泣く時間も、悩んでいる時間もないせいか

泣かなくなった。

私が、スタートさせた時に、TOGAPYは、

「独立するということは、どれだけ孤独とつきあえるかだ。」と話した。

少し、セルフコントロールもできるようになった。

下をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=NtUpvJa9FmY

そう、こんな夜は、いや、こんな明け方は、

私を、支えてくれた、みなさんに感謝をしながら、震えて布団の中で、

大人しくしていよう。

こうして、ネットで、ブログで、みなさんと緩く繋がっているだけでも、幸せです。