アーカイブ 2005年 7月



手術室まで、やってきました。

2005年 7月 27日

 私の微熱は、継続しています。遅れた知恵熱かも知れません。

しかし、先日の患者さんの熱は、抗生剤を使用しているのにも関わらず40℃台です。感染の徴候が、尿にも肺にも無いようですが。

 思い当たるのは、IVHの事です。先日、外科のK先生と相談したところ、理論的に3000回、針の抜き差しが可能ですが、感染に関しては、早ければ、3ヶ月で抜き去った事もあるそうで。

 入院先を探さなくては、朝から電話をかけまくりです。

なかなか、快い返事がありません。そこへ、信頼する外科医のK先生から、電話。

「個室と手術室を押さえますから、今から来ますか?」

患者さんは、救急車で、私も出先から直行です。

そして、成り行きで、私もカテーテル抜去のため手術室へ(勿論、許可済みです。しかし、5年生の研修依頼ですね。」

 スタートして30分後、カテーテルが出てきました。すると、カテ先には菌塊が?kin

これが、熱の原因ならば、全て解決です。

手術室のみなさん、ICUのみなさん、そして、激励のメールを頂いたTARO先生、そして訪問看護のWさん

みなさんに感謝。

在宅医療で、バックベッドが無いのは、背水の陣です。

朝から途方に暮れていましたが、ほっとしたのも束の間、

午後9時、また、携帯が鳴り始めました。

今日、手術室で流れていた曲、私の好みでも、患者さんの好みでも

K先生の好みでもありませんが、妙に、そのときの雰囲気に馴染んでいたので。

瞳をとじて
平井堅
ロープライス Y 400
新品 Y 1,020
プライバシーについて


FEVER UP

2005年 7月 26日

 今月は、残念なことに患者さんが、すでに7人もお亡くなりになりました。それに、この暑さで、みなさん熱発です。昨日の患者さんは抗生剤と、解熱剤で何とか下がっていますが。

私も、朝から発熱 FEVER UPで、ちょっとグロッキーです。

こんな時に、聴く音楽を一枚。

Cat Scratch Fever  です。

Cat Scratch Fever
TED NUGENT
ロープライス Y 1,135
新品 Y 1,535
 
プライバシーについて


患者さんの熱が下がらない。

2005年 7月 25日

 今日は、7月25日、私の患者さんの熱が、日曜の朝から下がりません。尿もきれいだい、肺の音もきれいです。

ただ、昨週より、不思議な事がおこります。

IVH(中心静脈栄養) HPN(home Parenteral Nutrition)

が、ポートを留置した形で入っています。昨週から、これが閉塞するようになりました。某病院で、検査しましたが、閉塞はしていないようです。ポンプのトラブルなのだろうか?huyu

このラインに、こんな物が浮遊しています。

何だろう?

参照 http://aames.vonakata.com/aames/i/hpn.htm

昨日から、抗生剤を使用していますが、何とか解熱して欲しいと祈る気持ちです。