HOME > ブログ, レトロ建造物, 銀行建築

河村商店 旧加島銀行池田支店

2010年 3月 4日

池田市栄本町に建つ、この建物。

現在は河村商店として使用されていたが

旧加島銀行池田支店

石造りに見えるが

木造建築の二階建てである。

設計は辰野片岡建築事務所。木造2階建であるが,石と赤煉瓦の外観で組積造風に見せる。窓上や柱型上部にやや抽象化された装飾を設け,正面西側部分はマンサード屋根の破風を設け,塔屋風に見せている。


池田銀行 

2010年 3月 3日

池田銀行本店

池田市の通りを歩いていて

突然、出現したこの建造物。

詳細はなぜか、不明。

昭和26年以降の建築とされているが

設計者などは不明。


四本のコリント式オーダーを

中心とした玄関部。

この建物は、現役として本店機能を持つ。



古典様式の、この建築様式が

なぜ、この一地方に存在するのかと

今まで見た銀行建築の中でも

一番印象が残る。

しばらく、見とれてしまいました。


中埜酢店  旧中埜銀行本店 鈴木禎次

2010年 1月 13日

hanndalastミツカングループの本社

しかし、元は銀行として建てられた。

中埜家の同属銀行として1901年(明治34年)設立された中埜銀行。

その後の合併で東海銀行を経て現在はUFJ。
設計は旧中埜家別邸と同じ鈴木禎次の設計。

nakanosu大正を代表するモダン建築。

鈴木禎次は、名古屋工業大学の教授をえて、その後、設計事務所を設立。

中京地区の洋風建築に寄与した。

作品としては

中埜家別邸、共同火災保険名古屋支店、三井銀行京都支店、岡崎銀行本店
名古屋瓦斯会社工場、十六銀行大垣支店、岡崎図書館、松坂屋本店、名古屋銀行本店