HOME > ブログ, レトロ建造物, 古い町並み, 商店建築, 病院 医院

佐竹商店街

2010年 9月 16日

何となく、終電に乗り遅れて、

翌朝、起きて歩きだして

思い出しました。

大江戸線、つくばエキスプレス

新御徒町駅を出ると

少し懐かしい昭和の商店街が広がります。

佐竹商店街

330メートル続く

アーケードで、

金沢の片町についで、

日本でニ番目に

古い商店街と言われます。

日曜の朝、まだ早くて

人通りは、まばらです。

周辺には、当時、流行だった。

銅板建築が

渋い色彩を放って残ります。

この意匠の建築が

立ち並んでいたのでしょうね。

他にも、こんあ立派な看板商店や

医院建築

西郷医院が残る。

いぶし銀な町並みです。


旧岩手医学専門学校付属岩手病院診療棟 盛岡

2010年 7月 13日

旧岩手医学専門学校付属岩手病院診療棟。

T15に葛西萬司の設計で

施工吉田与八

葛西萬司は、1863年に盛岡藩士の家に生まれ、

その後、葛西家の養子となる。

東大造家学科に学び、

辰野金吾と共同で建築事務所を持った時期もあった。

この洗練された意匠は、彼の盛岡での作品の一つ。

三田俊次郎は、盛岡の財閥の一つ三田商店の出で

三田家からの支援を受けながら、

この地で医学校、病院の経営にあたった。