HOME > レトロ建造物, 写真館

盛岡と写真館

2010年 6月 18日

盛岡市内を歩いていると
レトロな建造物が、まだ数多く残っています。
その中でも写真館が目立ちます。


こちらは、小原写真



中央に巨大な、マーメイドのレリーフが施されています。
盛岡には、何か写真店を擁する文化があったのかと考えてしまいます。


金井写真館 新潟

2010年 6月 14日

全国を歩いていると、開業医の古い建造物よりも
目につくのが写真館です。
場所によっては、写真場とも表記されています。


この金井写真館も、新潟に残る一つです。
金井弥一は、明治21年に新潟の新堀通で写真館を創業。
明治30年に南浜通に中島泉次郎の設計により、
この写真館は建築されました。


金井写真館本店と書かれています。
中島泉次郎は、大阪郵便局(現存せず)や、
米沢高等工業学校などの建築にあたっています。
この建物が建設された当時、裁判所の設計にあたっていたらしく、
この際に依頼されたのでしょうか?


当時、写真は、かなりの贅沢品であったこと、
時代の先端を走る仕事であったのでしょう。

それ故に、建物も西洋建築を取り入れようとした流れが
あったと思われます。

実際に一流の建築家に依頼しているなど
財力はあったのだろうと思われます。

そして、長い年月を経過しても残っているのは
銀行建築などと同じく、構造的にも

十分に耐久性を考慮したものだったと思われます。

以前、この建物はピンクでなく、もう少し地味な
塗装をほどこされていたと言います。



しかし、創建当時の色に戻したとされています。
全国に残る写真店、これだけを眺めていても
面白い試みができるのではと思います。