酒田 山形

酒田市内を歩いていると

市内中心部には、近代建築は、

あまり、見られません。

その理由としては、

1976年 10月29日の

酒田の大火が

その原因ではないでしょうか?

私の知り合いに、大火の翌日

酒田を訪れた者の話によると

焦土の中に、いくつかの黒く焦げた建物が残っており、

近づいてみると

土蔵が残っていて、

その姿が不気味であったそうです。



しかし、市民の努力の甲斐もあり、

二年で復興を遂げたそうです。

市内から外れた

場所には、料亭や

料亭に附属した洋館が

今も、見られ、この町の全盛期の

偉容を誇っています。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする