週刊 エコノミスト 特集 葬式と墓

九月二十日 週刊 エコノミスト

特集 「葬式と墓」

震災で見直される「葬式不要論」

仏教、葬式業界は「反省」機運

宗教に対する信頼の低下と

葬儀代やお布施の不透明さへの不満で、

近年高まりをみせた「葬式不要論」。

しかし、東日本大震災は、亡くなった人を悼み、

弔う葬式の意味を、

改めて考えるきっかけになったのではないか。

2010年 宗教学者 島田 裕巳の『葬式は、要らない』 (幻冬舎新書)はベストセラーとなった。

そもそも、この議論が商業、経済ベースで、語られていた結果の不要論との結論で、

そこに大きな過ちがあったのかもしれない。

1000年に一度の天災が、この議論「葬式不要論」のアンチテーゼの契機となった感がある。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする