酒田 山形

酒田は、庄内地方の中心地。

河村瑞賢の西廻り航路により、発展した。

酒田本間氏は、日本最大の地主であったとされる。

駅から30分ほど歩くと、

新井田川の中州に造られた

山居倉庫に出る。

倉庫西側には欅並木が造られ

季節風からの防御柵となっている。

土木県令、建築県令といわれた山形県知事

三島通庸の指揮で

鶴岡出身の大工棟梁 高橋兼吉によって

建築された。

山形の近代建築を眺めていると

必ず、この




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする