1969

街中を歩いていると、受験生が親に付き添われて

試験会場に入って行く光景を見ます。

ちなみに、1969年は学生運動が最も高揚し

東大が入試を中止にした年。

ちなみに、この年、筑波大学の前身、

東京教育大学も体育学部以外は入試を中止としている。

もちろん、他大学も、穏便に入試が行われたわけではないそうだ。

当時を知る方から、最近、聞いた話では

当時、入試問題は刑務所の中で印刷されていたそうだ。

その問題を、鉄道を使って受取に出かけ、

地元に戻ると、タクシーで、かなり注意深く周囲を見ながら移動したそうだ。

保管場所は、大学の中に、とても置ける状態にはなく、

何箇所か、たとえば、寺、神社などを選んで、分散して保管をさせたという。

試験委員長は、生きた気がしなかったという。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする