下北沢あたり

街中を歩いていると

最近は見かけなくなりました

こんな風景を

下北沢で見かけました。

クリスマスは行われても、

こういった日本の風物詩は消えていくようです。

下北沢駅前のアーケード

駅前市場は

閉店をした店も多く

扉は閉じられています。

昔、記憶に間違えなければ

「北の国から」で

この場所で

竹下景子さんが正月の買い出しをする風景があったような。

記憶違いかもしれません。

そのまま、東北沢に歩いてみましたが、思い出の河合塾駒場校は

消えていました。

歩きながら思いだそうとすると、この辺りで浪人をしていた頃から

すでに、二十七年が経過し、あの頃の個人商店は、

当然の如く、消えてしまっています。

また、二十年後、ここを歩いているかどうかわかりませんが、

歩いた距離以上に、時間を感じます。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする