悲しき天使 Those were the days

1970年代、洋楽 ポップスは邦題を付けるのが

半ば、当然というか必然とされていた。

当時、「悲しき●●」というタイトルは、やたら多かった。

しかし、辞書で歌詞の内容を調べると

全く、異なった内容のっものも多かった。

はず。

ちなみに、茨城町で開業している「悲しきクリニック」

いや「金敷(かなしき)クリニック」は、

北茨城時代の同僚であります。

どうせなら、「悲しきクリニック」にすれば、よかったのに。

この、メリー ホプキンの「悲しき天使」も原題は 「Those were the days」で、全く、関係ありませんが

曲感から受ける印象は、とても悲しく、せつなく、邦題もピタリではないでしょうか?

この曲は、1968年に、弱冠、18歳のメリー ホプキンのデビュー曲にして、スマッシュヒット。

大阪万博 EXPO70でも来日し、この歌でステージに立ったそうです。

今、初めて知ったのですが、プロデユースは、ポール マッカートニー。

一度聞かれると、この、せつないメロデイは、どこかで一度は聞いた記憶があるのではないでしょうか?

この、どこか、異国情緒を感じる悲しい旋律と曲の展開は、元々がロシア民謡だからだと思います。

当時、ソビエト連邦からの亡命者が、いつの間にか、世界に散り、この曲を世に広めたといいます。

それを、アメリカ出身のジーン ラスキンが自作曲として1964に発表しました。

歌詞も居酒屋で、あの頃は若かった、よかったと回顧するシーンとなっています。

そして、グラスに映った、自分の悲しい姿にーーーーー


Once upon a time there was a tavern
Those were the days my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way.
La la la la…
Those were the days, oh yes those were the days

Then the busy years went rushing by us
We lost our starry notions on the way
If by chance I’d see you in the tavern
We’d smile at one another and we’d say

Those were the days my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way.
La la la la…
Those were the days, oh yes those were the days

Just tonight I stood before the tavern
Nothing seemed the way it used to be
In the glass I saw a strange reflection
Was that lonely woman really me

Those were the days my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way.
La la la la…
Those were the days, oh yes those were the days

Through the door there came familiar laughter
I saw your face and heard you call my name
Oh my friend we’re older but no wiser
For in our hearts the dreams are still the same

Those were the days my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way.
La la la la…
Those were the days, oh yes, those were the days




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする