研修医=レジデント

よく、ドラマや小説で

インターンという言葉が出てきますが、

研修医のことは、レジデントと呼びます。

レジデントとは、

高級アパート マンションを意味する

レジデンスの派生語で

病院に住む人という意味です。

(森に住む人のような表現ですが)

前も書きましたが、

下から順に ジュニア 1 ジュニア 2

        シニア  1 シニア  2    

        チーフ  1 チーフ  2

と上がっていきます。

これは、各自の能力を反映するものではありません。

小学校の如く、年とともに上がっていきます。

日本語訳はありませんが、

私は下級研修医、中級研修医、上級研修医とよんでおります。

写真は、二年前に、うちで研修をした先生が、

今日はオンコールが外れたと言って

遊びに来たわけです。

立派になりました、まだ、中級研修医の二年目ですが、テクも人格も磨かれてまいりました。

だんだん、春風亭昇太に似てきましたが。

それを指摘すると、よく、言われるとのこと、

「そろそろ、帰ろうか?」と話しかけると

「いや、これから、スイーツ タイムです。」とパフェを貪るのでした。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする