夏の名残り

朝夕は冷え込み始めた京都。

日中は、まだ、残暑が残っています。

鴨川にたつと、ここは、いつも涼風が

吹き抜けていきます。

先斗町歌舞練場は大正14年に

大林組によって建築された洋館ですが

これを、敢えて帝冠様式に基づいて

設計したのは、

この鴨川の風景に溶け込むどころか

私としては、ランドマークだと思います。

鴨川にかかる川床も9月を過ぎれば

消えてしまうわけで、

この記録的な暑さも

はかなく、消えてしまうわけで。

夏の名残りですね。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする