旧山辺学校校舎

ここは、松本市郊外、里山辺。

この建物を見ると「松本開智学校」とい呼んでしまいたくなるでしょうけど

Syouji1

違うんですね。

旧山辺学校。

教育を重視した当時の里山辺、入山辺二村の努力によって明治18年に建てられた。

建設にあたったのは佐々木喜重(きじゅう)。

佐々木は明治9(1876)年の開智学校の建設に携わった経験を生かして、建設にあたった。それゆえ、全体的な雰囲気が似たものになっている。

内部は、純和室

Syouji_2

障子が多く使われており、「開智学校」が「ギヤマン学校」

「山辺学校」は、それに対して「障子学校」と呼ばれる。

障子の窓の向こうに見えるのは

Ninomiya

二宮尊徳

窓の上には、「東西南北」

Tounannsyapei_2

松本の教育に対する情熱の現れ

Last




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする