医療はコンビニではない 1

最近医療系のニュースを読んでいると、少し風向きが変わってきた。

それは、これまで、マスコミは必ず患者サイドに立って記事を書いていたが

やっと、医療者側にも目を向けてくれるようになったと思う。

リンク: 【風】医療はコンビニではない(産経新聞) – Yahoo!ニュース.

先週、医師と患者の関係についての意見をいくつか紹介したところ、開業医や関係者らから新たなメールが多数寄せられた。

 まず大阪府堺市の40代の男性開業医から。≪もう、常識など通じる時代ではない≫という表題のメールには、常識を忘れた社会への嘆きがつづられていた。

 ≪休日や夜間に連絡をとれるように連絡先を教えると、緊急性のないことでも簡単に電話をかけてくる。翌日の診療時間内に十分であるような用件でも、早く相談したいなどとこちらの状況も考えず電話をしてくる。そんな患者が、あまりにも多すぎる≫

 男性は、開業医もほとんどが10年、20年と病院勤務を経た上で開業している“勤務医OB”だとした上で、≪どんなに忙しい救急医でも、ごく一部の医師を除けば24時間、365日拘束される勤務医なんているわけはない≫と反論する。

 ≪いつでも連絡を取れる開業医を希望するような非常識な意見に対して言いたい。医療はコンビニではないのである≫

 診療所で働く30代の女性からは、こんなメールが届いた。

 ≪私の手伝っている開業医では転送電話を用いて24時間対応しています。緊急時には夜中でも往診します≫

 しかし、緊急とされる電話の中にはとても急を要するとは言えないものが多いという。

 ≪緊急電話にかかってくるものの中には、マンションの勧誘やいたずら電話も多い。真夜中に「検査の予約をとりたい」とかけてくる人もいます≫とした上で、≪本当に必要な緊急電話は受けたいが、それ以外は受ける必要があるのかと思います≫と訴える。

 ≪「24時間診てくれて当たり前」と思われると、ちょっとつらいです≫

 冒頭の男性開業医は、今回の搬送拒否問題にも疑問を呈す。

 昨年、大阪府内で16歳の少女が足の痛みを訴え43病院から搬送を断られたという例を挙げ、≪救急車を呼ぶような緊急性の疾患であったのだろうか。「緊急性がなく我慢が足らずに救急車を呼ぶ!多数の病院に断られ、救急隊は迷惑!後日搬送代を払うべきだ」という事例もあるのでは≫。(信)

人間、相手に対する気配りは必要だ。

この、記事と同様な経験は、私はよくしている。

敢えて、今まで自分の周囲にしか話していなかったが

これを読んでいる、みなさんの中にも同じ地雷を踏んでいる方は、意外と多いのだ。

それを面と向かって指摘すると、生意気と思われので、避けていたが

一度、書いておこうと思う。

何回かのシリーズに分けて書こうと思うが、読んで、みなさんがどう思われるか

問いたい。

批判を受けても構わない。

軽い話から書いてみると、私の患者さんは、24時間、365日を自宅で過ごしており、

曜日の感覚、時間の感覚が薄れていることが多い。

朝4時に起きて、淋しければ、また、退屈ならば電話を、その瞬間にかけてくる。

実は、すごいストレスです。

「今日は来てくれる日だけど、間違いないよね。」

なぜ、この電話を朝の4時にかけてくる必要があるのかだ。

しかし、まあ、仕方がないだろうと笑って済ませるしかない。

私が、許せないのは気配りのない医療関係者、福祉関係者に関してである。

続く




  1. 1)本当に夜間早朝問い合わせには疑問を感じますね。
    日本は夜間電話問い合わせは無料なのも問題を大きくしていると思います。昼間だと、受診してくださいといわれてお金がとられるが、夜間だとすぐ受診してくださいいわれにくいのでとタダで済むからといっている人がいて驚きました。
    いずれにせよ、翌朝でいいような問題で、夜間問い合わせてくるのはおかしいと思います。
    2)救急車は大きな問題ですね。
    救急車を「無料タクシー」だと勘違いしている人が多すぎます。
    ひどい人になると、薬がきれる予約日丁度に救急車で来院する人や、外泊して、帰院予定日丁度に救急車で来院(帰院)する人がいます。そういう人が「調子が悪くなったが救急車の中で落ち着いた」などと聞くと、本当にひどいと思います。
    救急車は米国のように絶対有料化すべきです。

    Comment by 勤務医ですが — 2008年2月3日 @ 5:20 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする