ハンドボール予選

昨日、今日とハンドボールの予選が行なわれていますが、

私が我慢ならないのは、日本人の金の渡し方です。

今回、問題となる「中東の笛」、問題となる相手国 クウェートと言えば

1991年の湾岸戦争で、我々日本が、金を提供しながら、人的支援がなかったと

全く、感謝されなかった、あの事件ですね。

感謝されないは、ともかく、あれだけの金を提供しながら

今度は、オイルマネーをバックに恐喝まがいと。

我々の金の渡し方が、おかしいのではと思います。

30年ほど前から言われていたと思いますが、日本は金は出すけど、XXXX。

筑波も中国を中心に、アジアの留学生が多いと思いますが、

せっかく、留学しているのだから、帰国後少し、日本よりの考え方をしてくれるような支援が必要ではないでしょうか?

帰っていく留学生と話すと、あまり日本に対して、いい印象を持たずに帰国されてしまうような気がします。

見返りを期待してはいけないと言われる方も多いと思いますが、

こう裏目に出るようではね。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする