ある患者の日記

新聞に載って、一部の地域ではHiranokita

教祖扱いをされて、

いい気になっている私ですが。

ここに載せるのは、ある患者さんの日記。

私の扱いがわかります。

平野来た。

頭、クラクラしてHiranotanonda_1 

平野頼んだ。

Hiranomokita 子供達が帰った後に、

平野も来た。

Hiranodeshikita 研修医の先生と訪問して

平野来た、弟子連れてきた。

Hiranokitaagain そして、再び

平野来た

私の扱いは、この程度なわけですね。

さらに、「オメエ、新聞で調子いいこと、ゆってんじゃねえぞ。

     夜、呼ぶと、怒るくせに。ヤダクテエエエーーー。」

そんな、患者さんに、口が裂けても、そんなこと、近所の人にはなしちゃだめだよと

諭す私でした。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする