パリの茨城県人会の皆様へ

「街角で買った焼き栗をポケットに入れて指先を暖めながら歩いている貴女、

    マロニエの葉はすっかり落ちて、パリはもう枯葉色・・・・ 。

パリのカフェでこの手紙を書いてます。
  色づいたマロニエの木立を歩くと、あなたのことを思い出します・・・。」

こんな、細川俊之のナレーションが聞こえてきそうな、甘い囁きにのったコメントを頂きました。

Amaisasayaki_4

パリからメッセージが届きました。とても面白いブログでフランス人にも読ませたいので、たまにはフランス語でも発信して下さいとのことです。

パリには意外に茨城県人が多く、筑波大出身で会社を興している人もいるそうです。今度、茨城県人会を催すことになったので、先生のブログを宣伝してくれるとのこと。

それと、これも先生に朗報ですが、フランスでは男同士でも結婚できるそうですよ! 

なんとパリ市長が、自身の結婚を公表したそうです。

Homooda パリに、そのうち行かなくてはなりませんね。




  1. ホモダホモオの写真には大笑いしました。
    最初、この写真の意味がわからなかったのですが、主人が昔見てたとんねるずの番組のキャラクターだと教えてくれました。
    まさか、こう返されるとは思いませんでした。本当に参りました。先生のブログで症状が改善しているような気がします。またよろしくお願いします。

    Comment by 匿名 — 2007年1月31日 @ 11:12 PM

  2. パリからコメント届きました。
    「今日は、1日中、外出しておりましたので、今会社に戻ってブログ見ました。最高です。
    おとといでしょうか、日本人の友達と食事をしたのですが、先生のPRをしておき、ホームページを見るよう勧めました。そしたら、その人、ミキさんと言って、ご主人は三井住友銀行パリ支店に勤めているのですが、先生の人柄が気に入り独身であれば、是非、知り合いの女性を紹介したいと言うのです。しかもその女性とびきりの美人だとのこと。
    突然の申し出に私も驚きましたが、もし実現したら大変な事になると思い、昨晩は眠れませんでしたよ……..
    ミキさんは正義感が強いので、そんな素晴らしいお医者様がいるのであれば、独身のままでほっとけないと言うのです。」
    これは、いよいよパリ行き決定ですか。

    Comment by 匿名 — 2007年2月1日 @ 11:06 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする