季刊 インターコミュニケーション

季刊 インターコミュニケーションInter_1

コミュニケーションの現在 2006

この雑誌は、NTT東日本が発行している。

「コミュニケーション」を軸に

科学技術と芸術文化が

豊かに織り成す社会を

構想するさまざまな試み。

歴史を振り返りながら、

知、思考、ネットワーク、

メディア、情報の〈現在〉を探る。

しかし、

私の読む雑誌では、

難解な分類である。

新聞から、テレビ そして携帯電話、インターネットと

コミュニケーションを媒介するネットワークシステムは時代とともに、

変化する、これを思想的に解説する書である。

哲学 思想に無縁な私でも、わかったかのように錯覚する本である。

この10月号に、私のテーマ「死」について語られた箇所がある。

では、明日。




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする